横浜ゲームクラブ甲府支部(仮)のHPです。 甲府支部のメンバーは私一人。

横浜ゲームクラブ甲府支部(仮)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
映画
友人のFさんと甲府で映画「SINOBI」を見る。
映画の感想は、また後日にでも…。
映画自体は映像が素晴らしく良かったと思います。
スポンサーサイト
| 映画 | 23:23 | トラックバック:0コメント:0
宇宙戦争
今日は月に一度の映画サービスデーなのですが、遊んでいた結果、残念ながら映画を見ることができませんでした。
そんな理由で今日は前に見たものの、感想を書いていなかった宇宙戦争の感想を書いてみたいと思います。

宇宙戦争公式サイト
http://www.uchu-sensou.jp/top.html

H・G・ウェルズ作「宇宙戦争」
たこのような火星人のイメージはこの作品から生まれたと記憶しているのですが、どうなのでしょうか。
そして、映画「E・T」を見るまでは宇宙人というのは、いつの日にか地球を侵略しに来る怖い存在であると思っていました。

そういう点でこの映画は、自分が小さい頃思っていた怖い宇宙人をまさに再現してくれています。
今回彼らが操るウォーマシンは、私が小さい頃思っていたウォーマシンよりも洗練されていましたが、人々を殺戮光線で殺していくウォーマシンは、小さい頃描いていた宇宙人に対する漠然とした怖さを思い起こさせてくれました。
そして、そうした宇宙人に対してあまりにも無力な人間達。
武器も何も効かない…人々に出来るのはただ逃げまとうことだけ。
この映画は宇宙人の怖さというところだけでなく、パニック映画の原点も再現してくれています。
そんな中で焦点を当てられたのが、トムクルーズとその家族達。
家族構成は離婚した旦那とその子供達。どこにでもいる家族ですが、この家族に焦点をあてて逃げ惑う人間達の家族愛というものを描いています。
その中でも印象的だったのは父親はどんな時でも子供達を守るために行動すること。そんな父親役をトムクルーズは見事に演じきっています。それと対照的なのが、トムの息子役のジャスティン・チャットウィン。彼はあくまで宇宙人に戦いを挑もうとします。それは周りの人々を殺された怒りや、正義感から彼はそうした行動をとるのだと思います。それは、まさに若者が感じる義憤…自分が戦わずして、だれがこの国を守るのだという義憤だと思います。
あくまで家族も守らなければならないトムクルーズと正義感から戦おうとするジャスティン・チャットウィン。どちらの気持ちもわかるだけに二人が分かれるシーンには感動できます。

その後も映画では、宇宙人による人間達の虐殺が続き、さらに途中には人間ドラマも絡み、それは徐々に凄惨なものになっていきます。
本当に怖いのは同じ人間だという話もありますが…。
そして、本当にどうしょうもないと思ったとき…。
神風が吹きました…。
エンディングではホッとできる演出があってグッドでした。

最後に一言。
映画の中の台詞から、、「大阪じゃ何体かトライポッドを倒したらしい…。」やるな大阪人…。
| 映画 | 23:50 | トラックバック:1コメント:0
亡国のイージス
今日は映画「亡国のイージス」を見ました。
http://aegis.goo.ne.jp/
「亡国のイージス」の背景にはかなり深い意味が込められているのですが、そういう点を抜きにして、まず一介のエンターテイメントとして見ても面白く作られています。
自衛隊の全面協力により、本物のイージス艦でロケが行われているのですが、イージス艦が本当にカッコイイ!
特に私はハープーンミサイルの発射シーンには痺れました。

さて、ストーリーですが、ネタばれも含めて言ってしまうと、自衛隊の一部と某国革命組織が結びついて画策されたクーデターとそれを阻止しようとする自衛官の物語です。
そう、真田広之演じる仙石恒史は良かったですね。
大きな陰謀に巻き込まれる、小さな個人の超人的な活躍というストーリーは映画のコンセプトとして良くあるのですが、活躍するのが、艦のことをすべてわかっている先任伍長というところに映画の現実性と隊員達の責任感が出ています。
また映画にあるような、自衛隊の一部が某国革命組織と結び付いてクーデターを起こすという事は考えにくいのですが、テロの場合は現実的にありえます。
現代日本でもありえるテロという危機を盛り込んだことで、より現実性が増したと同時に今の日本の危機管理というものを視聴者に問いかける映画になっています。
この映画はエンターテイメントとしても、その背景を考えるにしてもよく出来た映画だと思います。

あとは、この映画のイントロダクション…。
”今、この国の未来に不安を抱かぬ者は一人としていないだろう。未曾有の経済的発展を享受しながら、理想も持たず、国家としての責任能力も自覚せぬまま世界進出を遂げた日本。バブル崩壊が経済を袋小路へと迷い込ませたとき、そこに我々が誇るべきものは何ひとつとして残らなかった。”
この部分が映画の背景ですが、しかし結論から言えば戦後の日本の政策決定はけして間違ってはいなかったと思います。まぁ今の日本は借金漬けなのでいつ日本経済が破綻するかはわかりませんが、それでも戦後60年で日本を世界第二位の大国に押し上げた、その方向性は間違っていなかったと私は思うわけです…ただし、これからの日本はどうなるかわかりませんが…。
これからの日本をどうするのかは、私も含めた若い世代の人達の仕事なので、自分達にとって日本の未来はけして他人事ではないわけです。
私はエリートではないので、日々日本のことを考えているということはありませんが、それでも毎日5分くらいは日本のことを考えるのもよいかなと思っています。
| 映画 | 23:39 | トラックバック:1コメント:2
スターウォーズ
先々行上映のスターウォーズエピソードⅢを見てきました。

http://www.starwarsjapan.com/index.html

スターウォーズシリーズの完結にはやはり感慨深いものがあります。
私にとってエピソードⅠからエピソードⅥまで、主役はダースベーダーだったような気がします。
あのテーマソングからはじまって、旧三部作の中でも一番印象深かったのが、ダースベイダーでした。
エピソードⅥを劇場で見たときに、ダースベイダーがマスクを脱ぐ瞬間の驚きというか、感動を覚えています。
そして、今日はダースベイダーがマスクをかぶる瞬間…。
ダースベイダーの物語はここに完結したのだなと感じました。

あと、印象に残っているのは皇帝陛下…。
すべてのシナリオはこの皇帝陛下が仕組んだわけで、そういう点では凄いというか、エピソードⅠの時から今日の帝国の建設までを考えて行動していたとなるとやはり只者ではないなと…。

スターウォーズエピソードⅢ全体の感想としては非常に良かったと思います。
ただ、私はこの映画はスペースオペラというよりは、やはり人間ドラマだと思います。
戦闘シーンも素晴らしいし、ライトセーバーを使った格闘シーンも素晴らしいのですが、やはり人間ドラマですね。
アナキンの悲しさには泣ける。
たぶん、また見に行くのだろうなと思います。

そして再びエピソードⅣを見なければ…。
エピソードⅢが良かっただけに、ここから繋がるエピソードⅣはまた泣けると思います。
今まではルークとレイアの物語としてみていたのですが、これからは2人の活躍の影にあるパドメの思いも感じながら見てしまうと…やっぱ泣けるよなぁ。
| 映画 | 23:26 | トラックバック:2コメント:1
「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-」
「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-」を見ましたので、
その感想でも…。

えーと、Zガンダムは出てきませんでしたよ。

Zガンダムのレヴュー。
http://www.itmedia.co.jp/games/gsnews/0410/18/news11.html
| 映画 | 02:35 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE

おぎや
おぎや横浜ゲームクラブ甲府支部のブログにようこそ!
ゲームの話題をメインに書いていければと思っています。
画像は数年前の諏訪湖の御神渡の写真です。




<<Prev Random Next>>
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • 少しの間お休みします (10/23)
  • ボウリング (10/12)
  • 覇王様の甲府入り (10/05)
  • 大航海時代オンライン (10/04)
  • MtG:プレパーティ (10/02)
  • CATEGORIES
  • 未分類 (2)
  • モノポリー (5)
  • スポーツ観戦 (7)
  • ゲーム (84)
  • 雑記 (20)
  • 映画 (6)
  • ARCHIVES
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (35)
  • 2005年07月 (36)
  • 2005年06月 (24)
  • 2005年05月 (2)
  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのねこだ (08/20)
  • BlogPetのねこだ (08/05)
  • BlogPetのねこだ (07/28)
  • BlogPetのねこだ (07/20)
  • BlogPetのねこだ (07/12)
  • BlogPetのねこだ (07/01)
  • BlogPetのねこだ (06/19)
  • RECENT TRACKBACK
  • 限定無料★無修正★エロ動画 (09/25)
  • 22歳若妻。パイズリだけで噴出す母乳 (09/25)
  • ★☆奥菜の浮気現場(濃厚フェラ)☆★ (09/25)
  • ★☆奥菜の浮気現場(濃厚フェラ)☆★ (09/21)
  • 【無修正動画】1○才が見せる未発達なセックス… (09/21)
  • LINKS
  • FC2ネットワーク
  • モノポリーの部屋YGC会長HP
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。